ブログのコンセプトと著者プロフィール

yurika_icon

 

はじめまして!

ゆりかです。

ブログを目に留めて

いただきありがとうございます!

 

この出会いが

もしかしたら私が人生変わったように

あなたにとってもターニング

ポイントになるかもしれません。

 

 

そんな出会いになれたら嬉しいなぁと思って、

心を込めて書いていきます。

 

ぜひ最後まで読んでいってください。

 

この記事、

長いのでまず、目次からさーっと

見ていただき、全体感をつかんでもらえたら

そのあとが理解しやすいかと思います。

 

はじめに

 

この人だれ?って感じかと思いますので

自己紹介させていただきますね。

 

私は、現在二人の保育園児を育てつつ

都内で働くワーキングママです。

 

現在は週5フルタイムで働いていて、

内勤職のため残業はほとんどない状況です。

 

子育てと仕事をしながら、

朝活やスキマ時間を活用して

ネットビジネスを始めました。

 

ブログを開設したのは2020年の1月ですが

実際、本格的に記事を書き出したのは

2020年7月です。

 

その間どうしたのか?と言いますと

一度、挫折をしています。。。

 

ビジネス始めて4ヶ月の頃から、

私と同じく会社員をしながらネットビジネスを

していて月収100万円を超えている師匠から

ビジネス全般の教えをいただいています。

 

師匠から習う前は、

自分でネットビジネスを学び始め、

教材を購入したり、

子育てのスキマ時間を使って

3ヶ月で小さな仕組みを完成させました。

 

その後、TwitterやYouTubeを本格的に始めて

3つのメディアを運営するようになりました。

 

・YouTubeは、100本近く動画を収録

・Twitterは、3日間で150ツイート

 

などスキマ時間や朝活、週末を利用して

コツコツと積み上がった状態です。

 

これだけ聞くと、元から何か発信活動をして

いたんじゃない?と思うかもしれませんが、

私はブログなんて見るものだと思っていましたし、

アメブロも気になる芸能人のブログを

見ていただけでした。

ブログ以外にも、

TwitterやSNSもやったことはありませんでした。

 

そんな私でも

ネットビジネスが出来ている現状です。

 

ここで、少しネットビジネスの解説をします。

ネットビジネスって何かというと、

言葉の通りネットを用いてビジネスをすることです。

(そのまんまじゃん!)

FX、せどり、メルカリとかもネットビジネスって

考えられます。

 

 

けど私がやっているのは、

情報発信によるネットビジネスです。

自分の体験や経験から誰かの役に立つことを

情報発信しています。

 

私がこのビジネスに出会えるまでは

紆余曲折ありました。

 

このビジネスは

ネット上に仕組みを作り上げることで

この先、何十年と自動的に売上が上がるような

ビジネスモデルです。

 

そのために、今はコツコツと学びと実践を繰り返しています。

 

私がなんでこのビジネスを選んだかというと、

労働に頼らずお金も時間も手に入れたかった

からです。

 

情報発信を始める前にやっていた副業は、

作業をやめてしまったら

収入が確実に減ってしまうものでした。

 

具体的に何をしていたかというと、

・プログラミング

・動画編集

・アニメーション制作

です。

 

これらは、案件ベースでいただくお仕事がメインです。

 

学んで実践しているうちに

ふと、

「この作業って、手を止めたらダメだよね。

ずっと、手や頭を動かしていないと稼げないよね」

と気づいてしまいました。

 

これでは一生労働者から抜け出せない。

日頃、会社員として労働をしているのに

家に帰ってからもまた労働。

 

副業をしていても自由な時間、

お金が手に入るイメージは持てませんでした。

そんな時に出会えたのが、情報発信による

ネットビジネスだったんです。

 

私は、情報発信者によくある

瞬間的に最高月収●●円突破よりも、

安定的に月収を高めていくことを

目標にしています。

 

そのために、労働に縛られない仕組みを

ネット上に作り上げようと思いました。

 

ここで、私の理想の人生について

リストアップしてみます。

・子供たちの成長を身近で見守りたい
・子育てしつつも自分の自己成長も実現したい
・会社に行かなくても家で収入を得られるようになりたい
・子育てする時間と仕事に向かう時間を自由に選択できる状態でいたい
・平日のんびりと温泉旅行に行きたい
・平日、朝からランニングしたり身体に良いことをしたい
・ママになっても洋服やおしゃれに気を使いたい
・ショッピングに行って値段を気にせず買い物をしたい
・安いものを買ってすぐ捨てるより高いものを長く持ち続けたい
・平日でも思いついたら旅行に行ける状態でいたい
・値段を気にせず自分が本当に欲しいと思うものを手に入れたい
・海外旅行に休暇を気にせず行きたい
・好きな時間に起きて朝からコーヒーを飲みたい
・両親が元気なうちに美味しいご飯をご馳走したい
・美味しいお寿司や焼肉を食べたい
・誰でもできる作業のような仕事で疲弊したくない
・自分と同じように挑戦している人と関わりたい
・志が同じ人と共に時間を過ごしたい

 

これを見ていただいたら分かるかと思いますが、

この理想の未来は

このまま会社員を続けていても

実現できない!と気づいたんです。

 

お金だけあっても実現できない

時間もないと実現できない。

ここに書かれている未来は、そんな未来です。

 

世の中、お金の話ってタブーで

なかなかしませんが、

お金の重要性は

みんなが理解していると思います。

なぜかって、お金があればたいていの事は

解決できてしまうからです。

特に子育て世代で忙しい日常においても

お金で時間を買うことができれば余裕が出来ます。

例えば、

・育児に追われて家が片付かない
→時短家電を買って解決
→ベビーシッターさんにお願いして解決

・移動が大変
→タクシーに乗って解決

・ダイエットしたい
→お金を払って食生活を徹底管理

などお金があれば手段は選び放題です。

一方で、お金がないとどうなるかというと、

・自分の欲求に素直でなくなる
・卑屈になる
・お金を持っている人たちを羨む
・意地を張る、我慢する
・妬む

など決して良い方向にはならないんです。

お金がないことは、人々を我慢させ

その我慢がイライラを生み

余裕がなくなって相手を思いやることが

できなくなります。

そんな未来は嫌だと思っています。

 

 

私は、この理想の未来を自分が

手に入れたら

私の回りにいる人にも

その方法を伝えて自分と同じ様に

理想とする未来を叶えて欲しいと思っています。

 

 

こんな理想の未来

本当に叶えられるの?

そんなの一部の才能がある人だけでしょ!

と思っていましたが、

ネットビジネスを通して

現実的に叶えている人たちは

何人も存在しています。

 

つまり本当に自分がその未来を実現したいと

思っているか?

真にやりたいと思っているか?

それだけなんです。

それ以降は、やるかやらないかの二択。

 

私は、会社員として自分の命に値する

時間を会社に捧げてお金をいただいています。

そんな時間労働の概念から

変革を遂げようと今を努力しています。

 

理想の未来を実現するために、

ほかの人よりは遅いかもしれないけど、

自分の歩みは一歩一歩と前進させて行きます。

 

 

きっかけ

 

私がネットビジネスに興味をもち

自分で調べて

行動してみようと思えた

一番のきっかけは、

主人のメンタル休職でした。

 

 

それまでは、

夫婦共働きで特に不自由なく

何も考えずに日常を過ごしてきました。

その日常は普通に続くと思っていました。

ところが、主人が新しい職場に異動

した時の事です。

 

今までに経験のした事ない業務の連続で

疲弊して帰宅する姿を

一番身近で見ていました。

・身体に力が入らない

・心臓がバクバクする

・寝ても疲れが取れない

 

こんな感想を

私は毎朝聞くようになりました。

 

今までとは明らかに違う。

メンタルが病むことって

いつでも誰でも起こるんだ。

 

まさか、

主人がメンタルで休職するなんて

思ってもみなかったです。

 

この事から、私もいつ

会社で働けなくなるか分からない。

 

これをきっかけに

資格があるとか関係なしに

自分で稼ぐことのできるスキルを

身につける必要があると

真剣に思い始めました。

 

全てない状態からのスタート

 

副業を真剣に探し始めて

念願のネットビジネスに行き着くも

知識もない
経験もない
人脈もない
周りで情報発信している人もいない
実績もない

こんな状態で大丈夫なのか?

これに加えて
会社員で働きながらの子育て環境。

 

本格的にスタートしようと思った時に

真っ先に考えたのが

いつやるの?問題でした。

 

冷静に考えて

ネットサーフィンしたり、

テレビをみたりする時間も

時にはある。

 

その時間をしばらくは

学びの時間に使おうと決めました。

あとは、朝活の有効活用も

始めました。

 

一方、時間以外に

会社でバレないかな?って

心配もしましたが、

顔出ししてないし

誰かが私を見つけてくれるほど

有名になったら会社を卒業しても

いいよね?位に考え

 

とりあえず、

やってみよう!と思って始めたんです。

 

 

ネットビジネスって聞くと

多くの人は怪しいって

思うと思います。

それは自然な事です。

 

けど、

その疑問は情報に触れれば

触れるほど解消されていきます。

 

ネットビジネスのスキルは、

現代において必要なことが学べるし

ネットのスキルもつくし

やった結果、プラスしかなかったです!

 

その結果、

今はメルマガ読者さんがついて

感想をいただけたり

自分が学んだことを教えてあげることで

感謝されたり

徐々に自信もついてきました。

 

この世界は、入れ替わりの激しい世界です。

情報発信をやると決めてスタートしても

半年も経てば同時期に始めた人は居なくなり、

新しい人が加わる。

 

そんな世界で自分が挑戦するには、

いろんな困難が待ち構えると思います。

ここまで来るにも

たくさんの分からない、

しんどいを乗り越えてきました。

 

新しいこと、今までやったことないことに

立ち向かう時はみんな不安です。

挑戦したいけど勇気が出ずに足踏み。

でも、ほんのちょっと気持ちで

ちょっとずつ乗り越えられて

道は開けていくんです。

 

あんなに難しく感じていたワードプレスの

開設や設定だって一度乗り越えれば

普通になります。

こんな事の繰り返しです。

 

このブログでは、

挑戦から得られた学び

師匠から学んで勉強になったこと

初心者のころに知りたかったこと

を私の経験から発信していきます。

 

****

私が発信をしていく上で

私がどんな人で

どんな経験をしてきたのかを

お伝えしていた方が理解しやすいと

思うので生い立ちをお話しします。

 

=ゆりかのストーリー=

私は、小学校、中高、大学、就職してからと

自分に自信がなく、安全な道、失敗しない道を

選択してきました。

 

みんなに可愛がられる幼少期

 

私の実家は自営業で幼い頃から

お店で働く従業員さんに

可愛がられて育ちました。

 

お店が忙しい時は、

段ボールの箱の中に入って、

おもちゃと一緒にその中で遊ぶ。

 

その姿をお店に来たお客さんが

相手してくれる

そんな色々な人に囲まれて育ちました。

 

 

のんびりしていた小学生時代:授業参観日に教科書忘れる

 

私の小学生時代は、

外で遊ぶのが好きだけど、

のんびりした性格で

何をやるにも友達より遅い。

それに加えて、大事なところが抜けている性格でした。
(これは今も継続)

 

小学校1年生初めての授業参観日。

授業の教科書を忘れ、開始直前に気づき、

母親にダッシュで家まで取りに行く事態。

 

家庭訪問で先生から

「お宅のお子さんは、

何をやるにもクラスの中で一番遅いです」

と言われ落ち込む母親。

 

 

大きくなってから、

当時、そんな事言われると

思わなかったからショックだった

と聞きました。

 

そんなのんびり屋の私が

いとこの影響で中学受験をすることに。

 

私のいとこは幼稚園から私立に通っています。

 

いとこは近所に住んでいたこともあり、

よく遊ぶ仲でした。

 

いとこは私立に行っている。

私立に行ける子は、

偉いし賢いんだと

理解した私は、

「私も私立に行きたい!」と言って、

小学4年生の夏くらいから塾に行かせてもらいました。

 

 

当時は

自分なりに一所懸命やっているつもりだったけど、

今から思えば酷かった。

 

 

宿題のプリントが終わらず、

母親に解いてもらってそのまま提出。

友達の答案を写して提出。

 

 

じぶんで問題が解ける!楽しい!

という喜びを感じずに、

塾に行くことが目的になっていました。

 

 

そんな状態でも

とりあえず塾に行ってるんだから

自然にどうにかなるだろうと思っていました(アホ)。

 

 

その結果、

第1、2、3志望の学校は

全部不合格

 

当時、通りかかった

ついでに願書もらっていた

超滑り止め女子校の二次試験だけが合格。

 

そこは当時で偏差値38レベル。

試験を受けている時にここは受かった!

と実感はありました。

 

冷静に考えれば、

偏差値38の私立に行く意味あったの?

って思うけど、せっかく合格できたんだから

入学しよう!となりました。

 

 

私立底辺女子校での中学・高校生活

 

底辺レベルの私立女子校では、

真面目に勉強している子は少なく

授業中も遊んでばかり。

 

そんな中

私は

努力して勉強すれば

定期試験で結果が付いてくることに気づき、

校内では良い成績を取れる状態になりました。

 

毎回の定期試験を全力で頑張り

優秀賞の常連になって

校内では優等生ポジションになりました。

 

けど、

校外のテストでは散々たる結果。

 

今、思えば学校内のレベルが低くて

環境がぬるま湯で

そんな中、点数取って喜んでいたんです。

 

中学3年生の終わりになって

進路を決める時がやってきます。

 

その時には、

将来は手に職をつけるため、

理系で医療に関わる仕事につきたいと

思っていました。

 

 

両親からも、資格があった方が、

将来、結婚した時も子供が生まれた時も

働けるからとアドバイスをもらっていました。

 

幼い頃から、

人の役に立ちたい、

困っている人を助けたいという

思いはあったので医療の道に

進むことに違和感はありませんでした。

 

 

しかし高校から予備校に通うも、

校内では成績1番の自分と

校外では通用しない自分

が常に葛藤していました。

 

それは苦しい時に、

甘えとなってやってきます。

 

当時、推薦入試も考えていたため、

学校の内申点も重要でした。

 

学校では

成績取っているんだからどうにかなるでしょ!

と自分に都合の良い解釈を発動。

 

現実はそんなに甘くはありませんでした。

 

大学受験間近の模試でも常にC判定

 

現役は、最後に伸びると聞くしどうにかなる!

はずって根拠のない自信を持っていましたが、

 

結果はどうにもならず、

現役で合格できる大学はありませんでした。

 

 

もちろん、そんなに甘い世界ではなかった。

 

浪人時代:塾以外の子とは連絡を取らずに一点集中

 

浪人が決定してからは、

一つの目標に向かって、

今日はこれ、明日はこれと

着実に一つずつこなしていきました。

 

参考書も浮気をせずに

オススメされた1冊を徹底的に学ぶ

方向に転換。

 

現役当時よりも時間があるため、

一つずつ分からないところを

解決していったんです。

 

その結果、薬科大学に見事合格!

「信じられない!」

「私立底辺女子校の私が受かったよ」

そんな気持ちと喜びでいっぱいでした。

 

この時ばかりは、

自分に自信が持てていました。

 

念願の薬科大学時代:私の夢は叶った

 

いざ入学してみると

同級生は現役もたくさん。

偶然、仲良くなったグループは

現役の子しかいなかったんです。

 

すると、

みんなより常に1歳年上。

 

 

底辺私立女子校出身かつ

現役合格ではないことに

自ら勝手に劣等感を抱き

結局、薬科大学に入っても

学歴コンプレックスを拭えずにいました。

 

日々の学校生活は勉強も忙しい中、

浪人時の反動もあり、

遊ぶお金が欲しくて

バイトに励みました。

 

バイトと勉強の両立が

自分の中のいちばんの目標でした。

 

薬科大学の場合

ほとんどが必修科目で

一つでも単位を落とすと留年。

 

そのプレッシャーの中、

バイトと両立することで精一杯でした。

そして、恋愛もガッツリしました。

詳しくはこちら

 

卒業時の研究室も大したところではなく

楽できるところを選択、

次なる目標は、

卒業すること、国家試験に受かること。

そればかり、考えていました。

 

就職活動〜会社員時代

 

大学3年生から就活のために

いろんな企業等を調べていました。

 

ここでも、

私の安定志向は発揮され、

土日休みの企業を目指していたんです。

 

 

薬科大卒の就職先は

病院か調剤薬局かドラッグストアか企業か

選択肢はけっこう絞られます。

 

 

調剤薬局はいつか経験出来るだろうという考えで、

土日休み、原則残業無しの企業を志望し

給与は高くないけどある企業から内定をもらいました。

 

 

私の選択は常に安定志向型の安全運転に。

 

もう受験の時みたく失敗はしたくない、

冒険せずに安全な道を選ぼうと

常に考えていました。

 

当時の私は

自分で選択することに不安を抱くと

すぐ人に意見を求め、

その意見を自分の考えにできるように

自分を納得させていました。

 

これってまさに他人依存。

 

 

誰かに決めてもらう、

誰かの言っていることをそのまま信じる。

 

 

じぶんで決めたことに責任を持って、

上手く行かなかったとしても

それを次につなげようという発想すら当時はなかった。

 

 

大学4年生

無事に薬科大学を卒業して

国家試験に合格。

 

私は今も

新卒で就職した会社で働き続けています。

 

 

就職してからは、

大体2年ごとくらいに新しい業務を経験させてもらい、

独身時代は関西で単身赴任をすることもありました。

 

 

周囲からは順応性のあるタイプだと思われ、

自分からも発言するし、

積極的って思われているけど、

本当の私は、全然自信がない。

 

自信がないことを見せないように

ずっと隠してきたからです。

 

 

一人目出産:〜出産して3ヶ月で大阪へ転勤〜

 

30代で結婚して、

そろそろ子供が出来たら良いな〜

思ってから2年後位にやっと妊娠。

 

待望の長女が誕生。

両家共に待望の初孫は

大いに歓迎されました。

 

 

でも、そんな期間も束の間。

出産から3ヶ月後に主人の関西転勤が決定。

 

 

私は育休中で

生後3ヶ月の娘を連れて

関西での職場復帰を

見込んでの保育園探しがスタートしました。

 

住むエリアを決めて、

当時保育園の先着入園枠の残り1枠に

滑り込みができ、無事に引越し完了。

 

保育園は内定をもらった状態で

安心しながら職場復帰に備えました。

 

娘は4月から0歳児として

保育園生活がスタート。

 

 

私は育休明けの職場を関西で復帰させて

もらえないか、会社に打診をして

無事に内諾をゲット!

 

この頃から、

自分の強みは

順応性の高さや行動力かな

と気づき始める。

 

人生の転換期:2度目の転勤からの主人メンタル休職

 

異動の辞令は突然やってきます。

その時、娘は2才。

やっと保育園にも慣れてきて、

楽しく通っていた最中でした。

1歳児クラスに進級して半年位。

 

秋の人事異動に伴い、

大阪から東京へ異動。

内示をもらってから、

1ヶ月半後には着任しないといけません。

転勤先の東京は待機児童問題が加熱している時でした。

 

保育園探しは、全力で100件近くの園に連絡し、

やっと認証保育園が決まりました。

 

私は退職覚悟で、

自己都合による異動願いを上司に打診。

なんと!これを受け入れてもらえました。

(良い会社です、本当に)

 

偶然、元いた部署への異動が叶って

東京でも継続して働くことができました。

 

転勤が決定してからの残り1カ月は、

仕事をしながらも目まぐるしい日々が続きました。

 

 

引越しが無事に終わり、

私も主人も娘も

新しい生活がスタートしました。

 

 

しかし、主人の転勤先の職場は超多忙。

引継ぎもろくにされない部署でした。

 

 

皆が常に忙しそうにしているため、

分からないことがあっても聞ける人がいない。

 

 

私はその状態を大変だと理解はしつつも、

自分も新しい部署かつ娘も新しい保育園で、

全然余裕がありませんでした。

 

 

当時第2子妊娠中で

つわりが酷く

家事も育児も思う様にいかない日々が続き、

主人に頼りたいけども主人も仕事で精一杯。

 

 

家庭と職場の板挟みもあって、

主人は体調を崩し、

会社に行けなくなりました。

 

 

主人自ら

「しばらく会社休むわ〜」と言い出し、

私の出産間近に

主人は休職することになりました。

 

 

私は当時、

不安で不安で

仕方がありませんでした。

 

 

第2子が生まれて来るのに、

今のまま

主人がずっと働けなくなったらどうしよう。

 

自分の稼ぎのみでやっていけるだろうか?

不安を抱きながら新生児育児をしていました。

 

 

幸いにも主人は

その休職中に自分の本当にやりたい事、

自分を見つめ直す時間をもてて

1年くらいで回復してきました。

 

一方の私は、

色んな試練を乗り越えつつも、

自分は子育てをしながら働き続けるしかない

と必死になって

第二子出産後

1年以内で復職しフルタイムで働き出しました。

 

 

けど、

主人の気づき

会社で働くことだけが人生ではない」

に私も共感し、

本を読んだり、知識を増やす事で、

私個人で何か出来ないかと探し始めました。

 

 

私が今

歩んでいる人生は

自分が経験してきたことからしか

選択ができないし判断が出来ない。

 

つまり、

その選択は

間違っているかもしれない。

 

自分が経験していないことは、

本や人から話を聞いて知識を入れて、

自分が知っている常識の範囲を

もっと広げないと意味ない

ことに気づきました。

 

 

知識を付けていけば行くほど、

自分が無知である事を実感し、

今まで何やって来たんだ?

と痛感することも多いですが、

この事実に気づいた事は、

過去の自分からは

成長していると感じています。

 

 

昔の自分に最も言いたいことは、

「知識がないと、

自分の知っている範囲内でしか

判断できないよ」

ということです。

 

====ゆりかのストーリー終わり===

 

 

ある朝、ネットビジネスと出会う

 

とある週末、

いつもどおり朝活を開始。

(当時はアニメーション制作をしていた)

朝5時半頃。

 

自分のやりたいこと、

目指す事を再確認しよう

と考えていました。

 

私の今の状態では、

どうにか捻出した時間で

資産性のあるモノを

作っていかないとダメだなぁ〜と

思いながら、

ソファーに寝転びながらTwitterを

思考停止しながら見ていました。

 

そこに

「仕組み化マーケティングで働かずに収入を得る方法」

「ネットで起業」

という発信が飛び込んで来たんです。

 

この1つの呟きとの出会いが

私の人生を大きく変えていくことに

なります。

 

その方は元々会社員をされていて

年収は高かったけど、

自分の自由な時間がない

という女性でした。

 

 

インターネットビジネスに関する

知識ゼロの女性が

正しい知識を学んで勉強していったら、

初心者から10ヶ月で月収100万円達成。

 

 

今は自由な生活を実現することが

できました。

 

この言葉を見つけたときに、

えっ!なにこれ?

なんか怪しいなぁ。

 

 

けど、素直に興味が

沸いたんですよね。

 

 

その数秒後にはその方の

ブログをみて

ひたすら記事を

読み漁りました。

 

正しい知識って何?

仕組化って何?

ネットビジネスって何?

と好奇心と興味で溢れ、

働かずに収入?

そんなこと、

あるわけないって思いながら

メルマガに登録。

 

 

その方をどんどん深堀りしていくと

ある型に沿って、

ビジネスをしていることが分かったんです。

 

 

インターネットの力を借りて

仕組化をすれば、

自分が働かなくても

お客様にサービスを提供できるんだ!

と知ってワクワク。

 

その頃には、

その方の師匠である方のブログも読んでいました。

 

 

二人が揃って言っていたこと

 

・ビジネスはセンスではない。

 決まったルールに従って、

 困っている人に価値を提供すれば成り立つ

 

・ビジネスは、知識ゲームである。

 知っているか知らないかの世界。

 

・ビジネスで成功する人は、

 正しい方法で努力、

 一定期間継続できる人であって、

 何か特別なスキルは必要ない

 

とのことで、

自分が思っているイメージとは

全く違いました。

 

 

ビジネス成功者は、

センスが良い人だと思っていたし、

生まれ持ったセンスが卓越している人だと

思っていたからです。

 

これを知って、私の中に変化が訪れました。

 

今まで会社員人生で知らなかった

知識がいっぱい書いてある。

 

 

その中で学べることの多くが

最近、会社で言われていることや

会社が求めていることだと

気づいたんです。

 

 

ってことは、

これを学べば自己成長にもなるし

会社の中でもその知識が活かせる

から一石二鳥かもしれない。

 

 

私の会社は、

ぬるま湯に浸かっている人が

沢山います。

 

このままでは自分もその一員だし、

ここで学ばなければ

将来、私が会社にしがみつく

人生になるかもしれない。

 

そうはなりたくない!

気づいた時には遅かった!

ってならないように、

今、この瞬間から始めようと

思ったんです。

 

 

今日がいちばん若いこの日から。

 

そこから、自己投資を始めて

安定思考を貫いてきた私が

学び挑戦することを

始めました。

 

自分の変わり様をみて

人間いつからでも、

変わりたい!って気持ちが

あれば変われるもんだと

実感しています。

 

 

 

今、

会社員でいることに疑問を抱いたり、

この業務内容なら誰でも出来るよね、

こんな仕事のために子供を保育園に預けているなんて…、

このまま会社にいても自分は成長しないなぁ、

と思っているあなたが、

 

私の発信をきっかけに

行動をしていただけたら、

これほど嬉しい事はありません。

 

 

 

私の発信コンセプト

 

私の発信は、

自分の気持ちに素直に、

一度キリの人生、

自由な選択をして生きる です。

 

他人や会社に依存せず、

自分で自由な働き方や

人生を手に入れる方法について発信していきます。

 

 

その結果、

一人でも多くのママやパパが楽しく、

自分で稼ぐ力を身につけることができたら、

 

この世の中がもっと、

希望に溢れるし自信をもった人が溢れるし

子供たちがそんな大人たちを見て、

「楽しそう、こんな大人になりたい!」

と思ってくれる未来を実現したいと思っています。

 

 

そのためにも

ますは、ネットビジネスの仕組み化を学び、

共に自立を目指しましょう!

 

 

長文を最後までお読みいただき、ありがとうございます。

これからよろしくお願いします。

 

【今だけ】ゆりかが実践の「仕組み化と仕組み化のやり方」の全体像が学べるセミナー動画を無料でプレゼント!

 

無料メルマガに登録していただいた方限定で、

ゆりかが実践!「仕組み化で人生を変える」の全体像がわかるセミナー
「お金と時間の自由を実現!仕組み化とマーケティングセミナー①、②」をプレゼントしています。

 shikumi_smina1  

この内容は、私が起業家から学んだ知識を惜しみなく入れています。

ワーママでもできるビジネスとして私が行きついたものです。

セミナーの最後には、具体的なやることリストがついているので、

これを手にすれば、やるべきことの順序が明確になり、取り組みやすくなります。

<ご登録はこちら>